高齢化,過剰摂取,血液

ナッツにはアラキドン酸が多い

アラキドン酸は脳の情報伝達にかかわる物質として、高齢化社会となっている国内でも注目されている成分です。
過剰摂取はよくありませんが、必要量をそのほかの食品類とバランスよく摂取することで老化防止、記憶力や判断力などの向上に役立つとされています。
肉類や魚介、レバー、卵などに多く含まれていることは広まってきていますが、実はその他の食品類にもアラキドン酸が多く含まれているものがあるのです。

その一つがナッツ類です。
なかでも注目してほしいのがクルミです。
クルミはお料理にも利用されますし、お菓子、パンなどにも利用されています。
実はこのクルミ、体内でアラキドン酸の合成材料となるリノール酸、またαリノレン酸が豊富なのです。
特徴は、ω-3系とω-6系が両方含まれているという点です。

リノール酸はω-6系、αリノレン酸はω-3系です。
αリノレン酸は動脈硬化予防、心臓保護、中性脂肪減少など、生活習慣病を予防する効果が高い脂肪酸です。
αリノレン酸は体内でEPA、DHAに生合成されます。
リノール酸から産生されるアラキドン酸は血液内のコレステロールを減少させる効果があります。
ナッツ類はカロリーも多いので過剰摂取となってしまうのは問題ですが、お料理などにうまく活用し、ω-6系、ω-3系をバランスよく摂取する食材として利用していきましょう。