生活習慣,メタボリック,ノンオイル

ノンオイルの食生活とアラキドン酸

生活習慣病やメタボリックシンドロームなど、食生活に深くかかわる症状、疾患が多くなっています。
そのため、ヘルシー志向が高まりノンオイルドレッシングなどノンオイル商品も多くなっています。
ただ、すべてのオイルを摂取しないという事になると、エネルギーの産生がうまくできなくなったり、脳細胞にも影響を与えるという事を理解しておくべきです。

脂肪酸には飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸があります。
私たちが普段油脂としてよく利用するバター、マーガリン、牛や豚の油脂などは常温で固形となりますが、これらが飽和脂肪酸です。
飽和脂肪酸は体内で合成する事が出来るため、実はたくさん摂取しなくてもいい脂肪酸です。

不飽和脂肪酸はオリーブオイル、コーン油、キャノーラ油など揚げ物やドレッシングなどに利用する脂肪酸で、常温で液体となる特徴を持っています。
この不飽和脂肪酸は一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸という種類があり、一価不飽和脂肪酸はω-9系といわれる脂肪酸で、飽和脂肪酸同様体内で合成できる脂肪酸です。
一方、多価不飽和脂肪酸はω-6系、ω-3系などがあり、これらは「必須脂肪酸」つまり、体内で合成する事が出来ないため、食品類から摂取する必要があるのです。

このうち、ω-6系の多価不飽和脂肪酸にアラキドン酸が含まれます。
ω-3系の多価不飽和脂肪酸にはDHA、EPAが含まれます。
ω-3系、ω-6系の脂肪酸は体内で合成できない脂肪酸であり、脳細胞にも深くかかわっている脂肪酸なので、これらが含まれる食品を必要量摂取することが大切です。
オイルを全く摂取しないという生活よりも、体にいい効果がある脂肪酸を選び、質の高いオイルを利用していくという事を考える方が、より健康的です。