脂肪酸,魚介,アレルギー

EPAとアラキドン酸

アラキドン酸「ARA」などのω-6系、エイコタペンタエン酸「EPA」、ドコサヘキサエン酸「DHA」などのω-3系の多価不飽和脂肪酸は脳の健康、また精神、肉体の健康を考えていく上で非常に高い働きをもった脂肪酸として注目されています。 アラキドン酸は肉類や魚介、卵などに多く含まれていますが、DHA、EPAは主に魚介に多く含まれています

これまでDHAについては乳幼児の健康に必要、高齢者の脳の健康に必要といわれてきましたが、アラキドン酸の様々な働きが研究によって明らかとなり、脳の情報伝達の向上などに役立つ成分としてやはり人にとって必要不可欠な成分と認識されてきています。

EPAについては、生理活性能力が低いとして、それほど重要な成分と認識されていませんでした。 でも、ω-6系の脂肪酸を過剰摂取した場合に起る炎症や痛覚の増強、さらに過剰な免疫反応などについて、EPAが抑制作用を持っていることが判明し俄然注目され鵜ようになりました。

ω-3系であるDHA、EPAと共にω-6系の脂肪酸をバランスよく摂取しようというのは、DHA、アラキドン酸の高い健康効果を体内で利用するという事のほかに、EPAによって過剰な炎症反応や免疫反応、凝血反応などを中和するためにも必要な事なのです。 普通の食事ではアラキドン酸が不足することは考えられないため、年代に応じてアラキドン酸摂取量を調整する事が必要ですが、過剰摂取となった場合でも、EPAを共に摂取することによってこうした症状を抑制する効果が期待出来るのです。