中性脂肪,オリーブオイル,動脈硬化

不飽和脂肪酸とコレステロールの関係

脂肪酸と聞くと料理に利用するオイルを思い浮かべる方も多く、コレステロールを増やしたり血液の脂質異常を引き起こすなど、あまりいい印象を持たない人も多いかもしれません。
そのイメージは飽和脂肪酸、つまり常温で固形する脂肪酸のイメージで、不飽和脂肪酸の場合、飽和脂肪酸のように健康被害を与えるものとは違います。

不飽和脂肪酸は血液の中性脂肪、コレステロールの調節を行うなどの働きがあります。
飽和脂肪酸とはまた違う働きを持っているのです。
不飽和脂肪酸の中でも、一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸があります。
一価不飽和脂肪酸として有名なのがオリーブオイル、このオイルに含まれるオレイン酸がこの脂肪酸です。
動脈硬化の原因となるLDLコレステロールを減少させ、動脈硬化防止となるHDLコレステロールを増加させる脂肪酸です。
ただ多価不飽和脂肪酸と比較すると、その作用は弱くなります。

多価不飽和脂肪酸はアラキドン酸、エイコタペンタエン酸、ドコサヘキサエン酸などがあります。
アラキドン酸はω-6系、エイコタペンタエン酸、ドコサヘキサエン酸などはω-3系です。
ω-3系はHDLコレステロールを増加させ、中性脂肪を抑制、血栓予防などに役立ちます。
ω-6系は、細胞膜への働きかけが強く摂取が過剰とならなければ、LDLコレステロールの減少、細胞膜を柔軟にし情報伝達を容易にするなどの良い働きをします

アラキドン酸をを必要量摂取することは健康的な生活に必要不可欠なことで、ω-3系が不足すれば、皮膚炎や動脈硬化、記憶力・学習能力の低下などがみられます。
ω-6系が不足すると皮膚炎、動脈硬化、発育不良、脳の情報伝達の低下などがみられるようになります。