脳細胞,EPA,物忘れ

アラキドン酸とオメガ

年齢を重ねると物忘れが激しくなったり、ついこの間までかけていた漢字が思い浮かばなかったり、何事も面倒でアクティブな行動が出来なくなる人が多くなります。
脳の働きが老化によって衰えることによってこうした状態に陥りますが、この状態に深く関係しているのが脳細胞です。

脳細胞の活性化には、今までDHA「ドコサヘキサエン酸」が効果的といわれていましたが、脳細胞のリン脂質に多く存在し、細胞膜を柔軟にしてくれる成分として注目されるようになったのが、ARA「アラキドン酸」です。
物忘れや注意力、判断力、認知力などの衰えに改善効果があるとして医療分野でも研究が進められてきました。

この他に、脳細胞の活性化に効果的といわれているEPA「エイコタペンタエン酸」などがありますが、アラキドン酸、ドコサヘキサエン酸、エイコタペンタエン酸などはオメガの仲間です。
脂肪酸の中でも炭素同士が二重結合している個所があるのが不飽和脂肪酸と呼ばれます。
ここからさらに、どこに炭素の最初の二重結合があるか、ということで種類が分れています。

EPAやDHAは、炭素の最初の二重結合が末端炭素から数えて3番目にあるのでω-3系脂肪酸と呼ばれています。
ARAは炭素の最初の二重結合が末端炭素から数えて6番目にあるので、ω-6系の脂肪酸です。
これらの脂肪酸は脳細胞膜に深い関わりがあり、オメガ系が含まれている食品類などを摂取することで、記憶力、学習能力、判断力、思考力などを向上させることができるとして注目されています。