食事,脳,健康

アラキドン酸とオレイン酸

アラキドン酸は体内で合成できません。
食品類から直接摂取するか、リノール酸などの食品類を食べ、体内でアラキドン酸に合成する事が必要です。
リノール酸からはγリノレン酸からジホモγリノレン酸、さらにアラキドン酸という代謝ができます。
オレイン酸なら植物からはアラキドン酸の生合成ができますが、人間、つまり高等動物の場合、2つ以上存在する二重結合のω端側には二重結合を増加させることができないため、基本的にオレイン酸からアラキドン酸を生合成することはできないのです。

リノール酸は、γリノレン酸を経てアラキドン酸を生合成できますし、αリノレン酸からエイコタペンタエン酸、ドコサヘキサエン酸などを生合成できます。
リノール酸からγリノレン酸を経てアラキドン酸を生合成する代謝がω-6系、リノール酸からαリノレン酸を経てドコサヘキサエン酸、エイコタペンタエン酸を生合成するのがω-3系の代謝です。

オレイン酸は不飽和脂肪酸の中でも、アラキドン酸やドコサヘキサエン酸、エイコタペンタエン酸などと違い、多価不飽和脂肪酸ではなく、一価不飽和脂肪酸です。
オレイン酸はω-9系の脂肪酸で、同じ不飽和脂肪酸の中でもω-3、ω-6系とは全く特徴が異なる脂肪酸であるという事を理解しておきましょう。