経路,酵素,エイコサノイド

アラキドン酸の代謝経路

アラキドン酸はその代謝経路によって、様々な脂質メディエーターを生み出します。
脂質メディエーターとは生物活性を持っている脂質、という意味でアラキドン酸の代謝経路による脂質メディエーターには、プロスタグランジンやロイコトリエン、その他、PAFなどがあります。

アラキドン酸の代謝経路はアラキドン酸が起点となりその下に向かって滝のように流れていくため、アラキドン酸カスケード(滝)という言い方もされています。
アラキドン酸を原料として行われる代謝経路には、酵素の働きが不可欠で、代謝物を産生するために、まずホスホリパーゼという酵素の作用を受けて細胞膜のリン脂質から切り離されることからスタートします。

ホスホリパーゼによってリン脂質から切り離されたアラキドン酸は、その後もシクロオキシゲナーゼやリポキシゲナーゼという酵素の働きによって、シクロオキシゲナーゼの代謝経路からはプロスタグランジン類、トロンボキサン類が代謝されます。
リポキシゲナーゼからはロイコトリエン類が代謝されます。

この代謝経路、カスケードによって産生された生理活性物質、いわゆる脂質メディエーターをまとめてエイコサノイドといいます。
エイコサノイド類の働きや効果に沿って、医療分野ではその逆の効果を狙い、アラキドン酸代謝経路によって生まれる代謝うつの阻害薬などを作り出しています。