リノール酸,脂質,生活習慣病

アラキドン酸が多く含まれている牛肉の部分

アラキドン酸は体内で合成できない必須脂肪酸なので、食品から直接アラキドン酸を摂取するか、リノール酸などが含まれている食品を摂取し、体内合成をする以外ありません。
大人は通常の食事をしていれば、現在の食事事情を考えるとアラキドン酸が不足するという事は考えにくいのですが、高齢者は体内合成能力が低下してしまうので、積極的にアラキドン酸含有の食品類を摂取していく必要があります。

高齢者ほど、日本では肉を嫌う傾向にありますが、肉類が体に悪いのではなく、肉類の余分な脂身を「過剰に摂取する」ことで、生活習慣病などを引き起こす要因となる、という事を理解しなければなりません。
また、糖尿病や脂質異常などのため、肉類などの摂取を控えた方がいい、油ものを控えた方がいいというのはよく食べ、よく飲む世代、30代や40代に向けた言葉であって、高齢者の場合食の量が落ちるため、そこに当てはまらないのです。

肉類は脂質が多いと言いますが、特に牛肉は霜降り肉よりも赤身肉の方にアラキドン酸が多いのです。
そのため、健康を気にされている方は、牛肉でも霜降りを食べずにアラキドン酸も栄養価も高い赤身肉を食べるようにすればいいでしょう。

お肉は敵、のように言われてしまう日本ですが、エネルギー産生の為にもお肉などの蛋白源は命を継続するために必要不可欠な栄養素です。
アラキドン酸はバランスのよい食事から、しっかり食べることを考えていきましょう。