血管,気管支,肥満

アラキドン酸5リポキシゲナーゼとは

アラキドン酸はカスケード内で酵素の働きによりたくさんの代謝物を産生します。
作用を受ける酵素の種類によって生合成される代謝物にも違いが出てきますが、5リポキシゲナーゼの酸化還元酵素の作用を受けるとどのようなものが代謝されるのでしょうか。

細胞膜のリン脂質に存在するアラキドン酸はホスホリパーゼによって遊離し、ここで5リポキシゲナーゼの作用を受けると5-HPETEを経てロイコトリエンが合成されます。
この合成は、肥満細胞などに存在する白血球などで合成され、免疫的炎症反応などに関係する代謝物です。
アラキドン酸が細胞膜から遊離されて5リポキシゲナーゼやシクロオキシゲナーゼなどの酸化還元酵素の作用を受けることで、5リポキシゲナーゼからはロイコトリエンが、シクロオキシゲナーゼからはプロスタグランジンなどが代謝されています。

アラキドン酸カスケードの研究によって、酸化還元酵素である5リポキシゲナーゼの作用によって代謝される物質、また症状などによって浮腫や気管支収縮作用、炎症作用などが起こる事に対し、抑制する物質を考えることができます
アラキドン酸の代謝物を調べていくことで、様々な症状に対応できる薬の作成などに役立っているのです。
気管支や血管、またアレルギーの研究などにも利用されています。