ホスホリパーゼ,PAF,脳

アラキドン酸の有害物質作成と抑制って?

アラキドン酸カスケードの中では様々な代謝物が産生されています。
ホスホリパーゼによって細胞膜のリン脂質から遊離されたアラキドン酸は、シクロオキシゲナーゼの作用を受けるとプロスタグランジンなど、リポキシゲナーゼの作用を受けると、ロイコトリエンなどが産生されます。

これらの産生によっておこる血小板凝集や血管拡張、気管支ぜんそく症状の助長などの症状については、シクロオキシゲナーゼの作用を抑制することでこれらの症状を改善するお薬などの作成につながりましたし、その他、有害物質作成についてその作用と対抗策を考慮する事で、より良いお薬が誕生してきたことはまちがいありません。
血小板活性因子「PAF」は、アラキドン酸カスケードの中で有害物質として作成されることもあり、時にアラキドン酸の摂取はこうした症状を引き起こすとして悪者扱いされることがあります。
でも、過剰摂取とならない限り起らない現象であり、アラキドン酸のこうした有害物質作成の働きを細かく読み解き、対応できる行動を考えていった時、抑制できる成分などの発見にもつながったと言えます。

過剰摂取にならない限り、人の脳、その他臓器などに必要不可欠となっているアラキドン酸について、ある程度の知識を持っておくと有害物質に関する知識も抑制に関する知識も理解できるようになっていくでしょう。