医療,症状,改善

アラキド酸とサイトカイン

アラキドン酸は体内の様々な部分に存在し、特に脳細胞の細胞膜には多くのアラキドン酸が存在しています。
痴呆などの症状改善に役立つのではないかと医療分野からの注目が高くなっている成分です。
細胞膜のリン脂質に存在し、ホスホリパーゼによって遊離し酵素の働きを受けることで様々な代謝物を生み出します。
シクロオキシゲナーゼという酵素の作用を受けるとプロスタグランジンが代謝されます。
このプロスタグランジンは発痛物質となるプロスタグランジンE2などを産生します。

プロスタグランジンE2「PGE2」は、マクロファージなどの細胞によって細胞間情報伝達分子となる微量生理活性タンパク質となるサイトカインを産生します。
このサイトカインが産生される際に、サイトカイン産生抑制となる炎症抑制作用となる物質を生みだします。

PGE2は痛みを膨張させる発痛物質や、発熱させる作用、浮腫などを起こす作用も持っていますが、反面、サイトカイン酸性物質から抑制という逆の効果を生み出しているのです。
ちょっと複雑ですが、こうしたアラキドン酸の働きhttp://www.alhospitality.org/yuuukouseibunn.html、代謝物の産生などを研究していくことで、医療分野に役立っています。
実際、このような炎症抑制作用はお薬などにも利用されており、脳細胞の活性化と共に現在も様々な医療機関や研究機関においてアラキドン酸を有効活用する手段が模索されています高齢者は積極的にアラキドン酸を摂取しましょう。