脂質,リン,細胞

アラキドン酸とcoxにより作られるPGF2a

アラキドン酸の代謝経路、アラキドン酸カスケードの中から生合成される代謝物には、様々なものがあり、シクロオキシゲナーゼやリポキシゲナーゼなどの酵素によって、様々な代謝物が生合成されます。
細胞膜のリン脂質に存在しているアラキドン酸カスケードは、酵素ホスホリパーゼによってリン脂質から遊離しさらにそこから進んでいきます。

遊離したアラキドン酸はシクロオキシゲナーゼ「cox」の作用を受けるとプロスタグランジン類が産生されます。
リポキシゲナーゼが作用するとロイコトリエン類が産生されています。
coxによる代謝では、PGG2からPGH2、そこからさらにPGE1、PGE2、PGI2、PGF2α、PGD2が産生されます。
PGH2にトロンボキサン合成酵素が働くと、TXA2、TXB2が産生されます。
このうち、PGF2α「プロスタグランジンF2α」は、血管平滑筋、気管支平滑筋、子宮筋の収縮作用を持っています。

PGF2αは子宮筋を収縮するという作用はお産の際の陣痛誘発、陣痛促進剤に利用されています。
また点滴静注を行う場合に、前処置として利用されています。
この様にアラキドン酸カスケードによって産生された代謝物は、医療分野など様々な分野で活かされています。
アラキドン酸というと脳の情報伝達にかかわる、また記憶力や判断力、思考力などの向上に役立つとして知られていますが、アラキドン酸から産生する代謝物にもたくさんの利用価値があるのです。