介護,脂肪,摂取

魚からアラキドン酸を摂るメリット

高齢化社会になり、介護の問題などが家庭、いえ社会で大きな問題となっています。
介護施設が少ないため介護施設の入所待ちとなっているご高齢者も多いです。
またこれから年齢を重ね高齢に入っていく方々の中では、いつか自分も痴呆となるのか?と不安がぬぐえません。

脳の活性化を考える際、肉類や魚介類などに含まれるアラキドン酸の摂取は欠かせません。
脳細胞の細胞膜に存在するこの成分は、情報伝達を柔軟にしてくれる働きがあり、痴呆の予防、また改善につながる成分として注目されています。
痴呆、ボケの予防になる成分、改善が期待出来る成分としては、アラキドン酸のほかにも、EPA、DHAなどが挙げられます。

肉類の場合、脂質異常などの症状を持っている方については、脂質の摂り過ぎにならないようにという注意が必要となるため、肉よりも魚を摂取している方が多くなります。
アラキドン酸の含有量というと、肉類、レバー、卵などの方が多いのですが、脳の働きを向上させてくれるDHA「ドコサヘキサエン酸」EPA「エイコタペンタエン酸」などのω-3系の脂肪酸が配合されていることが大きなメリットです。

アラキドン酸DHA、EPAも、サラサラで固形にならない脂質です。
特にω-3系の脂肪酸は、心臓を保護する仕組みがあるなどの報告もされています。
また炎症抑制効果もあるため、注目されています。
アラキドン酸、DHA、EPAなどのオメガ系、多価不飽和脂肪酸をバランスよく摂取する事が毎日の健康http://arachidonic-acid.com/effectiveness.htmlに役立つのです。